ネコだまり

配達王子が贈る、涙と笑いのファンタジー
愛と荷物のある限り、道なき道を突き進む
そこの素敵な奥さま、今日はあなたの家かもしれません
お届けするのは「愛」ですか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お願いわけは聞かないで

私だってつらいのよ! 


世の中には決してその理由(わけ)を聞いてはいけないものが
あると思う。(_ _;)

紅白歌合戦の人選・・・ しかり

数十億円の抽象画・・・ しかり

兄弟が増えたこと・・・ しかり

猫ひろし・・・

このつぼにもきっと理由があるはずであるが、それは聞いては
いけないことなんじゃないかなと、いつも考えている --;)

竹やぶにつぼ・・・ 竹つぼ・・・   滝つぼ・・・

いや違う、
きっと大いなる理由があってこのつぼはここに鎮座しているのだ!

理由を尋ねれば、きっとつぼはこう言うだろう。

こっちが聞きたいくらいだ・・・

ほんと聞かなきゃよかった <(--;)m



ランキング参加中 お気に召したら(--;)     ポチッとね!



しあわせ配達加速中(^^)みなさんこれからもよろしく!

菫堂のきまぐれ日記
9625メイトな日々
こたつママのメール便配達



スポンサーサイト

上を向いて歩いたら

上を向いて歩いたら、いつもと違った景色が見えてきた。
上を向いて歩いたら、まだまだ上があることを知った。


青い空に緑が映える 


空の青さになんとなく戸惑いを覚える。
畑仕事をしているおばちゃんと取り留めのない会話を交わし
また次の家に向かう。


下から覗く木の表情 


木にもいろいろな表情があり、時折滑稽な姿を見せてくれる。
よどんだ空気を浄化するように、風に揺られ踊りだす。


風になびく木々たち 


天気がいいからみんな畑仕事に精を出す。
庭から声をかけると、「お~ おいといてくれ」
当然家は玄関から窓にいたるまで全開。
逆に安全なのかも(^^)


全員整列 


お茶でも飲んでくか~(^^)
ごめんなまだ配達残ってんだよ。
別に急ぐこともなかったが、話がとても長くなりそうだったので
笑顔でその場を後にした  m(_ _)m

ここはウエストコースト? 


上を向いて歩いたら、空から元気が降ってきた。
上を向いて歩いたら・・・



ランキング参加中 お気に召したら(--;)     ポチッとね!


しあわせ配達加速中(^^)みなさんこれからもよろしく!
菫堂のきまぐれ日記
9625メイトな日々
こたつママのメール便配達

竹にまつわる知恵袋

竹 it easy 


○○くん(^^) 今朝山で採ったたけのこ持ってくか?
お~ もらうもらう!  どうもありがとね m(_ _)m

な~ たけのこは焼酎でつけるとずっとシャキシャキしてるらしいよ。
へ~ 初めて聞いた (-_-)


私も70年以上生きててはじめて知ったよ。
じゃ俺にわかるわけないよね・・・ (;;)
ちなみにたけのこって漢字でどう書くか知ってるか?
それはわかる。 竹かんむりに"旬"だろう。
そう、じゃ"旬"てどのくらいか知ってるか?
えっ・・・  どのくらいって、1ヶ月くらいか?

大人への脱皮 



残念 "旬"ていうのは10日間位をいうらしいよ(-o-)
へ~ へ~ まさに筍というのは10日間の命というわけだ。

知恵袋とはまさにこういうおばあちゃんのことを言うんだろうな。

お勤めご苦労さんでした 


朝掘りの筍はまだ15cmほどの大きさで、まさに"旬"青春真っ只中!

北海道に送るんだ。
あぁ 北海道には笹竹しかないからね。
筍がカニになって帰ってくればいいね(^^)

笹の根性 わしも竹の仲間どす 



いろいろ勉強になる一日でした。
そこで一句

筍の 旬が過ぎれば 竹となる

おあとがよろしいようで・・・

旬の道 タケノコロード 



ランキング参加中 お気に召したら(--;)     ポチッとね!


しあわせ配達加速中(^^)みなさんこれからもよろしく!
菫堂のきまぐれ日記
9625メイトな日々
こたつママのメール便配達

この道の先に何がある

知らない道をひたすら進むことにすごい興奮を覚える。
いったいどこにつながっているのか?
はたしてこの道は抜けられるのであろうか(^^)

配達人の性であろうか、新たなルートを発見したときの快感は
永年捜し求めていた理想の彼女に匹敵する・・・  んなわけないか(--;)

というわけで以前から仲間内で噂になっていた未開発ルート
山の奥にひっそりとたたづむ別荘地、その先に続く道を探索

ポツリとある家を通り過ぎると道は急に細くなりヘアピンカーブ
きつい勾配の上り坂、やばいかなと一瞬とまどう(><)
木々の間をすり抜けてやがて目に飛び込んできた光景は・・・

目に飛び込んできた光景 



えっ   公園じゃあ~りませんか? 
広大な芝生の広場に、広~い駐車場
そして今にも手でつかめそうな低い空 
誰もいない公園は、時の流れが止まったように
やさしい風だけが吹いていた。

へぇ~・・・ (90へえ)
こんなところにね~
しばらくの間、山男のように頂を制覇した達成感を味わいながら
誰もいないのをいいことに爽やかな男を気取っていた。

わかってみればなんでもない
入り口を無視して反対側から進入していただけのことであった
m(_ _)m

道は続く、命の元へ  人、動物、植物・・・
その先で待っている人のために 今日もしあわせ届けます・・・


こんなところも走るんです 


並木道 


お寺の参道 


この先田んぼあり 




ランキング参加中 お気に召したら(--;)     ポチッとね!

雨と光のハーモニー

夕方から降り出した雨は時折強弱をつけながら大地を濡らしていく。
待ち人いまだ来ず・・・

あと一人なんだよね~

ゴルフ場の受付のお姉さんが困った顔でつぶやく -o-)
そう、お客さんが「後で金持ってくるから~」と言ってもどってから
一向に姿を現さない・・・

今の季節ゴルフ場は盛況で、連日沢山のお客さんであふれかえっている。

まあまあもうちょっと待ってみようよ(^^;)

17時30分仕事はあらかたかたずいていたので、のんびり待っても
特に支障はない。  ・・・雨か

雨にぬれた木々の緑が鮮やかに彩られ、それこそ絵葉書のようだ。

明日はもっといっぱいあるんだよね
いいことだね、忙しいって。

今日のスコアに満足だったのか、お客さんたちが笑顔でゴルフ場を後にする。 
雷鳴が冷え切った空気を振るわせる。

もう締めようか・・・、
そうだねもういいだろうね。

残されたゴルフバックは、寂しげに主の帰りを待っている。
雨がまた一段と強くなってきた・・・


竹林 


雨水は大地へ 


赤い傘 


窓からの晴れ間 


灯り 





ランキング参加中 お気に召したら(--;)     ポチッとね!

朝から憂鬱配達人

やばっ、きてしまいました。-要注意人物-
こんな日は朝からもう憂鬱で憂鬱で・・・ (;;)
大きな声ではいえないが、やはり相性の悪いお客っているんだよね。
今日はどうだろう・・・

「後で来い(`´)、電話してから来い・・・」

おいおいおいおいおいおいおいおい、
もうちょっと穏やかにいこうよ。
そんなに怖い顔しないでさ(^^)
わかりました。あとできますから。

これ見て笑ってよ!


運転手は扇風機 


だめですか・・・m(_ _;)m

じゃ、これなんかどう。癒されるよね(--;)

ドカ~ンといってみよ 


ちょっとなごんだ。
お届け完了。ありがとうがざいます m(_ _)m

はっ~ どっと疲れた _ _;)
今日運勢悪かったかな?
やっぱイケメン配達人じゃないとだめか… (--#)


苦あれば楽あり(^^)
その後行ったお宅でいただいちゃいました。

ぼくもらいもん 



明日もしあわせとどけます


ランキング参加中 お気に召したら(--;)     ポチッとね!




新人教育も大変なのだ

いら~っしゃ~い 



新人が入ることになった(--)
今日は横に乗せて走ることに。
なに~・・・  仕事中写真撮ってんのばれちまうじゃねえか(><)
しゃーねー 今日は我慢するか、って言うときに絶好のシャッター
チャンスってくるんだよね~()

そんなわけではい出発。
今日は天気もいいし、のんびりと仕事したい気分なんだけど・・・
どうやらそんな状況じゃねえらしいな~
車は調子悪いし(ピストン一発死んでるって!)
あ~ 太陽がかもし出すいい風景、これブログに使いたいね(;;)
がまん、がまん

とにかくおれの仕事っぷりを見せ付けてなんとか終了したんだけど

あ~ やってしまいました。親父ギャグ
いすゞって何系列でしたっけ?

谷啓・・・

今日も平和な一日でした


ランキング参加中 お気に召したら(--;)     ポチッとね!

涙は心の汗なんだ~

陽も傾きはじめ、いよいよ荷物も最後の一個。
こいつをやっつければ今日は終わりである(^ ^)

おっ、いるないるな・・・

こんばんは~ 玄関を開けると土間の先のこたつにおじいさんが一人
宅配便です・・・  おや?

振り返ったおじいさんの目に涙・・・   どうしたんだ?

あぁ・・・  うんうん荷物かい。

はい、○○さんにですね。
不思議に思いふと目をやると、今まで見ていたテレビ番組が
子供向けのアニメ・・・

おじいさんはアニメを見て涙していた。

なんて純粋な人だ。  ・・・感動(-_-;)

出るくいは打たれる・・・ 感動 


最近感動してないよね。

迷いの枝に感動 


アニメ見て泣いたことってあったっけ?
感動するアニメって何だろね。

この分別に感動 


そういえば去年、小学校の修学旅行で6年生の荷物を集荷したことが
あったけど(と言っても10人ぐらいの小さな学校)
全員一列に並んでかばんを持ってくるんだよね(^^)
あっ、そこにありますから(--) なんて冷たく言われるのが多い昨今
子供たちの純朴さに感動したな~(; ;)

傘に感動 


最近は、修学旅行の手荷物も宅配便なんだよね。

感動の おい、押すなよ 


年とると感動が薄くなるのかな?
髪の毛とともに(><)

配達で感動させることってできますか?

写真無理矢理だったかな?

ランキング参加中 お気に召したら(--;)     ポチッとね!

道端のメッセンジャー

配達中いろいろな看板に出会う。
笑っちゃうの、怒ってるの、意味わかんないの・・・
さしずめ道端のメッセンジャー(-o-)

商品の裏にある"必ず読んで"の注意書きのごとく
その土地に足を踏み入れたのなら、必ずこの看板達に注目(@_@)/


動くな動くと撃つよ! 


いわゆる、この山では発砲許可が下りていますよ。
間違って撃たれても知らないですよ。
と言う注意書きである。
時々鉄砲もったおじさんたちがウロウロしているよ(-_-;)

おりゃ見たんだよありゃ熊だよ 


これも、私熊を見ました。間違いありません。
熊に襲われても責任もてませんよ。ちゃんと教えましたからね。
と言う注意書きである。
必ず腰に鈴をぶら下げて歩くように。

いや!きれてないっすよ 


完全にブチ切れている。自分の仕事を忘れてしまったその態度。
ゴミ捨てる奴は、ゴミなんだかんな(`o´)
と言う注意書きである。
ゴミは持ち帰りましょう。

またのご来店をお待ちしております 


残念だけどもう売るものがねえんだよ。わりいな。
という、心からのメッセージ。
遠路はるばる来た人もこの看板を見たら決して怒ってはいけません。
車を止めて店に入る手間が省けたと思って、あきらめましょう。
たまたまこいつ↓が卵を産まなかっただけです。m(_ _)m

わるいわね、今日機嫌悪いのよ 私 


郷に入れば、郷に従え・・・
看板のメッセージをしっかり受け止めましょう。

ちなみに、看板娘はいっぱいいるよ。  ・・・自称



ランキング参加中 お気に召したら(--;)     ポチッとね!

毎月10日に伺います

こんにちは~・・・   ん!
宅配便で~す(^^)   

はいはいはい・・・  今月は早いわね

といっておばあちゃんが持ってきたのは、モップ(--;)

おばあちゃんダスキンじゃないよ・・・

結構よくあるエピソードです。

花の写真に挑戦(@@)
これ 蝶が止まっている瞬間に押したんだけど
ピントが合うまでに逃げちゃったんだよね(;;)
やっぱこの辺が携帯!

花に挑戦 


葉っぱ・・・  結構いい感じ、でももっと寄りたいよね。
やっぱこの辺が携帯!

葉っぱはどうだ 


配達先の庭で撮った写真。
結構寄れました。ちょっといい感じ。
ソフトフォーカスとかないんかい。

おっ ちょっといい感じ 


あきらめて、やはり配達先で採った、いや撮ったしいたけ。
持ってけと言われたけど遠慮しときましたm(__)m

しいたけ見つけ 


ひたすら山道をあがった家でご褒美をもらいました。
帰り道に広告風に切り株の上で撮影。
でも、ふつう切り株なんてそのへんにないよね・・・

貰い物を広告風に 


とか何とか言ってる間に、時間です。
やばっ! 間に合わねえ

スピード出さずに大急ぎ・・・


ランキング参加中 お気に召したら(--;)     ポチッとね!

こんなところ走ってます

ブログをはじめて早半月。
ようやく慣れてきたところで、もう一度初心に帰って日記を書こう。

題して私、しあわせ配達人 こんなところを毎日走っております。
(毎日ではないけど) m(__)m

山から下りてくる途中の風景
天気がよく眺めも最高(^^) しかし家はない・・・

右を見ると  ハッ・・・

右の景色 


左を見ると  ハッ・・・

 左の景色 


しばらく走ってまた上る(>_<)
パワーショベルも今日はお休み。

 パワーショベルの休憩 


また上る
北海道のような風景だね。ほんと空が青いよ。

 天気も最高 


湖のほうへ行く途中なにやら爆音が近づいてくる。
ヘッドライトが2mくらいの高さにあるバイクに乗った暴走族
(1人だから暴走人)にあおられる。
カーブの連続で抜くに抜けず!
しかたなしに道を譲ると、片手を挙げてあいさつしていった(--;)
いがいといい奴。

天気がいいので釣り人が大勢いる。
ただし暴走人の爆音で魚も逃げるだろう。

 釣り人の賑わい 


帰り道に見つけたお地蔵さん。
トリオだ!

 安全運転し~や 


今日も一日安全運転


ランキング参加中お気に召したら(--;)     ポチッとね!

怪電波に咲く花たちよ

20060519081818.jpg



花畑に立つ一本のアンテナ。
遠い宇宙から届く微粒な電波を捕えて花たちに送る。
花は数億光年前のメッセージを忠実に守り、自らの意志で華麗に咲き誇る。

それは星たちの遺言。

宇宙の歴史。

このちっぽけな星に暮らす私たちが知らない、壮大な物語を永遠に語り続ける。
遥か未来へ、私たちの子孫へ。

そして想像も付かない終末へと。

今私たちが伝えるべきメッセージは花たちに永遠のやすらぎと希望に満ちた未来を約束すること。

まだ見ぬ人類のために。


「コラー!  さぼってないで配達しろ!」

「あっ、 はい すいません今行きます。」

えっ、今の声は・・・    だ れ・・・



ちょっと欲が出てきたよ(--;)     ポチッとね!

腰の低いバス停


20060515122616.jpg


「まいど、おばあちゃんいつもありがとな」
「ちょっと待っててな、もう少しでバス来るから」
「あと10分くらいかな、まぁっ少し座ってのんびり待っててや!」
「えっ、時間が見えない?だけど自分こんな低く構えておばあちゃんの目線に合わせてるやない。 えっ、字が消えてる?あっ・・・ それは気がつかなかった。申し訳ないな、今度担当の人に言っとくから」
「天気もいいし今日はどこかお出かけ? 孫のところ、畑?」

「えっ、町に買い物!」

「ごめんなおばあちゃん。それ反対側のバス停や」
「帰りはここで降りるんやで~・・・」

「おっ、バスが来たな。降りる人はいるのかな?」

「って素通りかい!」

「今の運転手、新人だな。ぜんぜん自分のこと見てなかったもんな」
「まったく最近の新人教育はなってないよ本当に」
「現場の苦労をわかっているんかね」



「今度担当の人に言ってもうちょっと背高くしてもらお」


ちょっと欲が出てきたよ(--;)     ポチッとね!



スローライフの入り口へ

20060519075220.jpg


湖へ向かう一本道。
畑の横に車を止め川のほうへ進む細い小路へ。
森を抜けると一気に下降し、やがて視界は広がりを見せる。
目の前に現れたのは古い橋。
この橋を渡ると民家がいくつか見えてくる。
人の足でしか通ることができないこの小路、昔は人と人とのふれあいの要であり、生活を守る命綱であった。

スローライフってなんだろう。

20060519075233.jpg


時間にしばられない生活、自然との共生、憧れ、夢。
この仕事をしているといやでも目にする現実。
ひとりで暮らす老人は荷物よりも待っているものがある。
都会から移住してきた夫婦は常に葛藤と戦っている。
本当にこれでよかったのか?

いつまでも見続けたい夢。

そんな心境でこの橋を渡る。

スローライフに憧れて。

すべての答が見つかった時、きっとこの道を戻ることはない。



ちょっと欲が出てきたよ(--;)     ポチッとね!


チームワークは大切に

20060515120959.jpg


丸太の会話

「誰だピラミッドやろ~なんていったやつは!」
「おいちょっと上にいるやつどいてくれよ」
「うるせ~な、俺の隣のやつがどかね~んだよ」
「俺が悪いのか! 一番でかいのが上にいるからじゃね~か」

「ちょっとあんた、写真なんかとってないで手伝ってくれよ」
「どうにも身動きが取れないんだよ」

「おい! 聞いてんのか(><)」
「じろじろ見てんじゃね~よ」




私「ここ道路なんですけど」・・・

カラスもビックリ猿顔石

20060515182720.jpg


山へ向かう街道を快調に飛ばしているときだった。
「んっ」 何か視線のようなものを感じふと横を見たその瞬間、私の目に飛び込んできたのは

サル!・・・

いったん配達先へ向かい配達を片付け改めて帰り道にその場で停止。

フクロウ!・・・

いややっぱりサルかな?

なんとも摩訶不思議な石である。まさに猿岩石、いや猿顔石というべきか? でもここはゴミ置き場じゃないの?
まさか資源ごみだったりして。
それともゴミをあさるカラスよけ。

もしかしてここには名のある芸術家が住んでいるのかな?
今まで気づかなかったということは、最近置かれたものらしいけどちょっと素敵なオブジェじゃありませんか!

猿岩石って昔いたよね!

それでも冷静沈着田中さん(仮名)

20060515093458.jpg


すっかり雨も上がりひさしぶりの青空がとっても気持ちいい今日。
っていうことで山の風景をアップしてみました。(まともな写真)

忙しかった母の日も終わって"ほっと一息"つきながらいつものように配達にいそしんでいます。

天気もいいしちょっとのんびりあたりの景色を眺めながら走っていると前方でなにやら工事中(--),ん・・・車が道をふさいでいるではないか、ちょっとこの先配達あるんだからどいてくんないかな、と思いつつ接近  あぁ~っ やっぱり通れないよ(* *)
その時現場監督らしいおっちゃんが気がついてくれて

「いまどかすから~」
「田中さ~ん(仮名)、車動かしてください!」


するとあきらかに監督よりも年上のおっちゃんがスコップを地面に置き小走りにやってきた。

「よしよし、はやくどいてくれよ、そうそう車のドアを開けて、後部座席に乗って、  って え・・・」 

"後部座席"


凍りつく現場、見つめあう私と監督、数秒の沈黙の後、後部座席から飛び出してきた田中さん(仮名)・・・

現場は爆笑の渦に包まれた。思わず笑ってしまったけど田中さん(仮名)のポジションはいつも後部座席だったんだね(^^)
その後二度ほどエンストをしながら無事車は移動できたのでした。

車を移動し戻ってきた田中さん(仮名)は何事もなかったように再びスコップを片手に仕事に就くのでした。あくまで冷静沈着。

田中さん(仮名)  空より青くなってましたよ。



もらいものはなぜうまい

20060515081838.jpg


配達中よく物をもらいます。(別に手を出しているわけではない --;)
ジュースにお菓子、野菜や果物、米、お酒などのほかにも、
「今打ったうどん食ってけ!」等々、食事をご馳走になることも(^^)

田舎のいいところって、やっぱ"人情・愛情" そこで暮らすには、いろいろな付き合いで大変なんだろうけど、自分たちのように配達に来てくれる人、荷物を持っていってくれる人、というのは別物なんですね。

私もあくまで仕事上のお付き合いで終わらせたくはないので、思う存分コミュニケーションをとらせてもらってます。(笑)

おばあちゃんの話を聞いたり(嫁の愚痴)、おじいちゃんの自慢を聞いたり(野菜のできばえ)「あの人に頼めば何とかなるんじゃねえの」をモットーに地域に密着、粘着しお付き合いをさせてもらっています。

つい先日の貰い物、上の写真は一番大きいもので40cmはあろうかというマス、炭火で焼いていただきました。

下はたけのこ、ただいまアク抜き中これもおいしくいただきました。

もらったものってなんでおいしいんだろうね。 
m(_ _)m みなさんいつもありがとうございます。

20060515081851.jpg

なかなか獲物がこないな~

20060512135824.jpg

うしろ姿で失礼します。わたくし熊であります。

ようやく長い冬も終わりまして、ひさびさに獲物をとりにきたわけです。だいぶおなかも減ってきたので今日はご馳走にありつきたいところですけど、いっこうに獲物が現れません(- -;)
このあたりもだいぶ変わってしまい、今じゃわたしたちも食料を探すのに四苦八苦しております。
それじゃこのへんで。

なんていう声が聞こえてきそうなその節ない後姿に哀愁が漂っている。
配達先の入り口にかまえる熊の剥製、最初に見たときにはかなり驚いたが、今ではだいぶ認知度もアップし話の種にもなっている。
前から見ると首から看板をぶら下げていてそこに書いてあるのは、

私、東京生まれです。

おめ~ 都会もんかよ~

地元の熊は、こわいよ~ 転校生の気分ですかね?

天女の羽衣に見るエコロジー

20060512133615.jpg


天女の羽衣だ!
何気に横を見るとそれは木の枝に引っかかったままの布か、ビニールシート。おそらくこの間の風の強い日にでも飛んできたのだろう。
自然豊かな山の中はそれこそ空き缶ひとつでもやたらと目に付く。
これはわざと捨てたものでないにしろ、結構な大きさだったため存在感がありかなりのインパクトがあった。

山のあちらこちらに「美化運動中」「捨てない人になりましょう」等のたて看板やポスターが目に付くが、捨てなくても飛んできてしまってはどうしようもない。
違う場所へ行けば、それこそ冷蔵庫から古タイヤ、自動車にいたるまでかなりのゴミが捨てられているが、いくら片付けてもまさにいたちごっこなのである。

人がめったにこない場所だからといってゴミを捨てる神経も理解できないが、こんな山奥に来るのならゴミ処理場へ持っていけよと思ってしまうのは私だけではないはずだ。(-_-メ)

近々新しい看板が立つ
「ゴミを捨てたもの懲役5年以下か1,000万円以下の罰金」
捨てない人になりましょう。人がいるところ宅配便の姿あり

母の日に思う配達人

20060512123946.jpg


もうすぐ母の日というわけで今はとっても忙しいです(*_*)。
田舎は母が多いのか、連日のように花がいっぱい届きます。
母といってもみな女性、届けたときの反応は様々で、素直に喜ぶ人(^ ^)驚きながらもうれしそうな人 o(> <)o、中には自分の息子からというのが信じられないらしく、あきらかに怪しい表情で 

「お父さん○○から花がきたよ、なんか起きなければいいけどね」 

と真剣に夫婦の会話をする人(・・ ;)  (贈ったほうも浮かばれない) などなど儀礼的な行事とはいってもやはり母は偉大なのでした。
昔と違って最近はカーネーションの鉢植えや、中には胡蝶蘭のようなとっても運ぶのに気を使うものまで、おもに生花が主流になっていますが、やはりこれも流通形態の進化というか、カタログショッピング全盛というか家にいながらでも注文ができるご時世ならではですね。
とはいっても母はその気持ちに素直に喜び、感謝しているわけで私たちの仕事もそんな"キモチ"を運んでいるわけです。

忙しさのさなかに見かけた怪しい生物 キリン? 恐竜?
やっぱり人はいつまでも現役でいたいものだ。

峠の酒屋

20060512075452.jpg


〇〇酒店と書かれた看板。確かに酒も売ってはいるが実は地物を扱う産地直売所である。
今時期になると山菜やタケノコなどが店頭に並び連日大勢の人で賑わう。
お蔭さまで荷物もちょくちょく出してくれるので毎日山を駆け上がり集荷に励んでいるのだが、いつも気になるこの立て看板(-_-)。道沿いにずらっと並んだ看板のなかに一枚~たらっぺ~・・・
う~ん(-.-;) たらのめ のことか?自分も田舎者だと自負していたが、はじめて聞く名前・・・
気になりながらも未だに聞けないでいる。

みんなこれが気になって寄ってみるのか?

探検隊未開の地に何を見た!

20060509094413.jpg

この先には日本名水百選にも選ばれた沢の源流がある。
気がつくとこんな看板が立っていた。なぜ気がついたかといえばそこに荷物がきていたからである。関係者以外立ち入り禁止、落石注意・・・。
はたして進んでもいいものやら?。携帯電話も通じないし、ここはひとつ探検隊の心境でいざ進んでみるしかないだろう(^^;)。
荷物は工事現場で使用する機材や部品のようだ。住所もまともにないようなところでも"人がいるところに宅配便の姿あり"道なき道を突き進み何とか無事に配達を終えたのでした。
普通の舗装道路を走れる喜び。改めて実感しました。

まだまだ現役?

20060509131451.jpg
ひたすら山道を登っていくとそいつは立っている。今じゃすっかり見なくなった郵便ポスト。
ここは荷物を取り扱ってくれるお店であるが、おばちゃんが体調を崩してからは閉まりがち。なんとなくこいつも寂しそうである。
ここから上にはポストがないので、まさにこの地域の簡易郵便局として毎日活躍している。
今じゃ宅配業者もメール便などといって雑誌やカタログをポスト投函しているが、片道30分もかけてたった一冊、一個を配達することに正直言ってやりきれなさも感じる。でも全国ネットワークってそういうことなんじゃないかなとも最近感じるようになってきた。
便利なところに住む人たちが、不便なところに荷物を送る。それが当たり前になっていることが宅配便のすごいところ。日本全国すべての人たちに荷物が届くからこその宅配便であり、不便なところに住む人にとってはライフラインに等しい。
ポストひとつでそこまで考えるのは、ちょっと大げさだったかな。

橋の向こう側

20060509084631.jpg
これは沢を渡る橋である。ベイブリッジやレインボーブリッジのようにおしゃれではないが、人の生活を支える大切な橋である。
実はこの奥数Kmほどに3世帯の家があり当然そこにも荷物が届く。車が飛び上がりそうな山道を進むとそこには気のいいおばあちゃんたちが暮らしていて、いつも栄養ドリンクやゆでたまごなどをくれるのだが、「こんなところまですまないね」と本当に申し訳なさそうにお礼を言ってくれる。
今の時代荷物を運んでくれたからといってそこまで喜んでくれる人も少なくなったが、おばあちゃんたちの笑顔を見ていると自分もとてもうれしくなってしまう。ひとつの荷物に対する思いが実感できる場所がここにはあるのだ。
しかしこの先のダムが放流を始めるとこの橋は瞬く間に姿を消し去ってしまう。

集中力

20060509084205.jpg

人間何をしているときが一番集中力を発揮するのであろうか?
私はあえて断言しよう、それは掃除機をかけているときだと!
配達にいくとたまに掃除機をかけている家があるが必ずと言っていいほど呼び鈴を鳴らしても、声をかけてもいっこうに気がつかない。諦めて掃除が終わるのを待つしかないのである。
たしかに掃除機の音も大きいのだが、なによりもそれだけゴミに集中しているのではないだろうか。
唸りをあげる掃除機に掻き消される自分の声、アァまた時間ばかりが過ぎていく。写真でも撮ろっ。

山の電車

20060509084354.jpg

山の上の奥の奥、けっこうまめに伺うお宅の広~い庭先にポツンと置かれた一台の小さな電車。
どこかの遊園地か公園なんかで走っていたのだろうか?とっても愛嬌があってかわいらしいのだが、なにせボロボロ。捨てられているのかと思ったら実は復活の時を今か今かと待っているのだそうだ。
庭一杯に線路を引いて綺麗に変身した姿を見るのが今からとても楽しみである。

春ですね




山の中を配達しています。「えっ!こんな所に家なんてあるの」という所にも人は住んでいるわけで、そこに暮らす人たちにも荷物が来るわけですね。
たとえ車で30分徒歩10分の道のりでも私たちはそれを持ってテクテクと回りの景色を楽しみながら(ってそんな余裕はない)歩いていくのです。当然雪などが降るとその道のりはさらに険しいものとなり、時には鹿が、時には熊の気配が背後に迫る緊張感と戦いながら日々仕事をしております。
そんな帰り道で見つけた小さな"春"。抜いてしまおうかと考えつつもまだまだ残る配達荷物に思いを馳せながらその場を後にするのでした。

HOME

プロフィール

配達人

Author: 配達人
配達はロマン、夢、出逢い・・・

時に悲しく、時に笑える
あなたの心を癒せるような
そんなエピソードをお届けします

別名、配達王子

いらっしゃいませ

最近のエントリ
お薦めブログでございます

ランキング参戦

押せば命の泉湧く




あなたもヘビーダマラー
すべての記事はこちらから

全タイトルを表示

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ検索

お届け完了です


Illustration by nanamie

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。