ネコだまり

配達王子が贈る、涙と笑いのファンタジー
愛と荷物のある限り、道なき道を突き進む
そこの素敵な奥さま、今日はあなたの家かもしれません
お届けするのは「愛」ですか?

03月≪ 04月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時を見つめて

いつもと同じ静かな道、いつもと同じやさしい風景

いつもと変わらぬ慌ただしい一日・・・

けれどそこには、変わったものが・・・ たったひとつ



開発著しい街場を走ると、わずか1ヶ月程で
風景もだいぶ変わるものであるが
おそらく田舎は、1年たってもその姿を
変えることはめったにないのであろう

配達人たちはどうやって沢山の家を覚えるのか?

覚え方は人それぞれであろうが、配達人は風景で覚えている

立派な長屋門、終わりの見えない長い壁
畑の中にポツンと横たわるあぜ道

届け先の住所を見ると、風景は写真のように浮んでくる・・・
まるでアルバムを開くように次々と
それは光の速度で頭の中を駆け巡るのだ

だがこの日は違った
なんとなく不思議な違和感を覚えた配達人
最初それには全く気がつかなかった

随分空が広いな・・・ 



・・・・・・木がない



そこにはいつも空を塞ぐように立っている
イチョウの木があるはずだった
高さはきっと20m以上あっただろう
この街道の大きな目印として配達人たちも
慣れ親しんできたイチョウの木

そのイチョウが影も形もなくなっていた

たまたま荷物もきていたそこのお宅で

木、切っちゃったんですね

と声をかけると

目印、なくなっちゃったでしょう・・・

と、奥さんは少し寂しげに答えてくれた

長い年月を風雨に耐えながら育ってきた大木
ほとんど変わることのない風景を見続け
日に日に変わる人々の成長を見続け
そして緩やかなときの流れに身をゆだね
イチョウは今日まで生きてきた

明日からの変わらぬ風景を見続けるのは
きっと自分になりそうだ・・・

いつもそこにあるもの、変わらぬもの
その木の大きさが時の長さを感じさせてくれた
スポンサーサイト

コメント

朝っぱらから何だかジーン。
いつもあるもの・変わらぬもの・・・

人間もそうだったら良いのにね。
って無理か(;-_-)

お昼休憩中…。

なんで切っちゃったんでしょうね。
理由がわからないからなんともですが…。
お友達のブログでも、銀杏並木の枝が
バッサリ切られてたって記事が出てました。
たぶん、管理が楽だからだと思いますが、
黄色い落ち葉が敷き詰まると、綺麗なのに。
そうやって何でも合理主義とかってどうなのかなぁ。
眼に見えない大事なものまでバッサリいってやしないのかなぁ。

近くの人たちが慣れ親しんだ風景が変わるのはさみしいですね。
東京のほうだったか、マンション建設時に桜の木を切るとかで
地域住民たちと揉めていたニュースを見ました。
木が大きくなるには長い年月がかかるから、
もっと大切にしていきたいですよね。

あくびさん

( ゚ー゚)( 。_。)ウン♪ 
とりあえず冷蔵庫のビールだけは、いつもあるようにしないとな
飲みすぎて体型が変わるのはイヤだし・・・
人間変わらないことがいかに難しいか(_ _。)・・・シュン

ななみーさん

おっ、休憩中(*_ _)zzZ
もう根元からバッサリ・・・跡形もなし・・・
道路なんか結構黄色くなっていたからそのせいかな
隣が牛やさんだから臭いはそんな気にならないと思うんだけど(強烈)
見えないものをバッサリってまさか・・・?

こんにちは^^

ちょっと凹みました(-盆-;)
昔からあるものは大切にしてほしいものですねぇ・・・

kobokeさん

朝起きたら窓からの風景が昨日と変わっていた・・・
そんな感じでしょうか?
目の前をマンションが塞ぐのと、青空が広がるのでは
たしかに意味は違うのでしょうが
今朝のニュース、キムタクが髪を切った・・・
その程度にして欲しいですよね( ̄▽ ̄;)アハハ…

シン@偽哲学者さん

凹ませてすいません(;^_^A
新しければいい、ことばかりじゃないですよね
人間は古いんですけど・・・大切にされてるかな? ε- ( ̄、 ̄; ふぅ

昨日まであった物が突然なくなると不思議な感じじゃよのぉ~。

何で切ってしもうたのじゃろうか・・・。
そういえば、今年はまだ銀杏を食べてなかったわ。今度、拾いに行ってみるぞよ♪

そんなに大きな木がなくなると
景色も変わってしまいますねぇ
家の近所に小さな林があったのですが
宅地造成のため ごっそりと…
何度通ってもその景色に馴染めなくて
と言いながらも 家が立ち並んだ後で
ここ家が建つ前何だったっけ?
とか言って忘れちゃうんですよね

なんか切ないですねえ。
街がめまぐるしく変わるのは楽しかったりするけど
でも馴染みの店がなくなるとやっぱり切ないし。
大木だともっと切ないですね。
そのイチョウの木はどのくらいの間そこにいたのかな…

お局様

先日の懇親会の料理が中華でして
何かの炒め物の最後に残った銀杏をてんこ盛りに
されました(ノд-。)クスン
おいしかったけどもう見たくない・・・

ミッキーさん

よくお店が閉店して次の店が決まると
「昔なにがあった・・・」そんな感覚ですね
景色は見事に変わりました、たった木1本で・・・
それだけの存在感はありましたからね

ゆきちさん

おそらく師匠よりも長生きしたのでしょう
高い建物がないので本当に空が広々としてしまいました
田舎の時間がゆっくり感じるのは、やはり変化が
ないからでしょうね
気づけば歳をとっている自分が・・・
体内時計は進みが速い( ̄Д ̄;υ)タラー…

こんばんは~vv
ちょっとショボーンとしちゃいました(;_;)
慣れ親しんだ木がなくなっちゃうって凄い寂しい
ですよね(>_<)病気になっちゃって切るしかな
い!と言う場合は仕方ないですけど。。
家の近くにあった栗の木も小さい時にすべて切ら
れてしまい今でも寂しくなるときありますもん(´`)
いつまでもあれば良いのに……(;_;)

でわ~vv

寂しいですね

昨日までそこにあったものが突然消えてしまうと
妙な違和感を覚えますよね。
ましてシンボル的な大木だったら尚更。。。
それだけの大きさに育つまでとても気の遠く
なるような歳月をかけているのに
何故切り倒さなければならなかった
のでしょうね。

桃かんさん

ショボーンてしちゃうよね・・・
とても病気には見えなかったけど、元気すぎたのかな?
成長が早すぎた・・・とか?

あっきーさん

おそらくそこの家の人もいつからあるのか
はっきりとは分からないんでしょうね
気がついたらそこにあった・・・みたいな
木霊が宿るといいますが、なにもなければいいんだけど・・・

並木道

この間 国体の炬火リレーを写しにいったとき 同じ感覚になりました
ポプラ並木が 短くなっていたのです
下水道とか 電線の埋設の傷め伐採されたのです 住民の反対で 80m着られただけで 伐採は中止されましたが 素敵な並木道だったのが 裸になっていました

TOSSYさん

実際、80mも切られたら残してもどうなのかなと思います
以前紹介した桜並木も大型バスが通れないと言う理由で枝がかなり切られてしまいました
人間の都合で切ったり育てたり・・・
ちょっと考えさせられました

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

プロフィール

配達人

Author: 配達人
配達はロマン、夢、出逢い・・・

時に悲しく、時に笑える
あなたの心を癒せるような
そんなエピソードをお届けします

別名、配達王子

いらっしゃいませ

最近のエントリ
お薦めブログでございます

ランキング参戦

押せば命の泉湧く




あなたもヘビーダマラー
すべての記事はこちらから

全タイトルを表示

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ検索

お届け完了です


Illustration by nanamie

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。