ネコだまり

配達王子が贈る、涙と笑いのファンタジー
愛と荷物のある限り、道なき道を突き進む
そこの素敵な奥さま、今日はあなたの家かもしれません
お届けするのは「愛」ですか?

03月≪ 04月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝説の男・・・その壱

当然のように配達人にも師匠がいました

配達のいろはを仕込んでくれたのは
デビュー当時、すでに数々の伝説を築き上げ
その名を不動のものしていた・・・キヨシさん

キヨシさんは当時59歳、あと1年で定年です
その最後の弟子となったのが配達人でした

その当時の宅配は、かなりローカルルールが蔓延しており
不在時の荷物の置き場所なんてものまで決まっていたりして
今ではとても考えられないようなことが常識として
まかり通っていました

そしてそのルールを決めるのも配達人であり
キヨシさんはその第一人者
今だからこそ言えるその当時の話は
現在の若い配達人にとっても非常に興味深いものなのです

ここの家は物置だかんね、フンフンフン

ここは縁側で大丈夫、フンフンフン

この家の奥さんはあそこの会社にいっているから
そっちに持っていけば、フンフンフン


まさに縦横無尽、神の手を持つキヨシさんにかかると
不在で荷物を持ち戻る家など一軒も存在しないのです

それでOK・・・という雰囲気がどこの家にもありました
くる荷物と言えば、大抵は米とか野菜、衣類
盗まれたと言う話は1回も聞いたことがありません

ある日のことでした
いつも不在の家に来た荷物、そして
いつものようにキヨシさんは置き場所を探します
置き場所は決まっているのだろうと思った方
実はこの日来ていたのは・・・

新巻鮭だったのです

丸ごと1本の鮭が入った長い箱
普通に縁側などに置いておいたら
それこそ猫の餌になってしまいます
キヨシさんは悩みました

フンフンフン、フンフンフン

悩んだ挙句、キヨシさんは洗濯物を干す
物干し竿のほうへと向かって行くのです

いったい何をするのだろう・・・

するとキヨシさんはおもむろにガムテープを取り出し
物干し竿に巻きつけます
そのガムテープには新巻鮭の箱をしばる紐が・・・

そうですキヨシさんは物干し竿に新巻鮭をぶら下げたのです

これなら猫も手が出せないだろう、フンフンフン

これには配達人も驚きました
なんというアイデア、なんという手際の良さ
さすが伝説の男・・・

こうして無事?配達を終えたキヨシさんは
その家を後にするのです

おそらく帰ってきた家主は洗濯物を取り込むとき
驚いたことでしょう、なぜならそこには
洗濯した覚えのないものが干してあったのですから
スポンサーサイト

コメント

え(・▽・;)

こ、これは…よい例??
そ、その当時としては、って条件付きでね?
配達というより置き去り…
フンフンフン

同じく、これって・・(;・∀・)
鮭ちゃん、干されて大丈夫だったの?
気になる。
感謝されたのかも、気になる。
タダェマ((´‐公‐`))考ぇ中

ななみーさん

ももももちろん・・・だめですよ~( ̄▽ ̄;)アハハ…
噂ではそのあと洗濯物と一緒にタンスにしまったとか・・・
Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン

あくびさん

そそそそのあとスモークサーモンになっていたとかいないとか・・・
( ̄□ ̄;)アセアセ.....
感謝は・・・どうだったのかな~( ̄Д ̄;υ)

荷物が大きなダンボール箱じゃなくて
良かったです(´ヘ`;)
干すの大変だもの…
きっと 今もOKだったら
配達人さんも面白いこと
考えちゃいそうですよね?
きゃぴ♪ (p・・q)(p・・q)きゃぴ♪



びっくりしゃっくり ですね
その日は 帰ってこなくて 鮭は 一夜干しになっていたとか・・

クール宅急便時代の今では 考えられないことですね

猫には届かないだろうけど…たぶん
その鮭のニオイで寄ってきた猫はいるハズ…。
おちゃめな人ですね・:*:・(*´エ`*)

で、フンフンフンって、鼻息?

ミッキーさん

今もOKならおそらく池で、鯉と一緒に泳がせていたかも・・・
一度トラックに猫が侵入して、魚を狙われたことがあったから
悪いことはできないね~ε- ( ̄、 ̄; ふぅ

TOSSYさん

ほんと今では考えられないことです
当時はそういう空気だったんですね~
お客さんも「何回もくるの悪いから、置いてけ」
なんて、いい時代だった(ノд-。)クスン

fuumeruさん

おそらくその下ではネコの激しい攻防戦があったはず・・・
肩車なんかして一致協力、鮭ゲット・・・なんて

フンフンフンは口癖ですかね、言葉を濁すんです

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

プロフィール

配達人

Author: 配達人
配達はロマン、夢、出逢い・・・

時に悲しく、時に笑える
あなたの心を癒せるような
そんなエピソードをお届けします

別名、配達王子

いらっしゃいませ

最近のエントリ
お薦めブログでございます

ランキング参戦

押せば命の泉湧く




あなたもヘビーダマラー
すべての記事はこちらから

全タイトルを表示

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ検索

お届け完了です


Illustration by nanamie

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。