ネコだまり

配達王子が贈る、涙と笑いのファンタジー
愛と荷物のある限り、道なき道を突き進む
そこの素敵な奥さま、今日はあなたの家かもしれません
お届けするのは「愛」ですか?

03月≪ 04月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋の向こう側

20060509084631.jpg
これは沢を渡る橋である。ベイブリッジやレインボーブリッジのようにおしゃれではないが、人の生活を支える大切な橋である。
実はこの奥数Kmほどに3世帯の家があり当然そこにも荷物が届く。車が飛び上がりそうな山道を進むとそこには気のいいおばあちゃんたちが暮らしていて、いつも栄養ドリンクやゆでたまごなどをくれるのだが、「こんなところまですまないね」と本当に申し訳なさそうにお礼を言ってくれる。
今の時代荷物を運んでくれたからといってそこまで喜んでくれる人も少なくなったが、おばあちゃんたちの笑顔を見ていると自分もとてもうれしくなってしまう。ひとつの荷物に対する思いが実感できる場所がここにはあるのだ。
しかしこの先のダムが放流を始めるとこの橋は瞬く間に姿を消し去ってしまう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

プロフィール

配達人

Author: 配達人
配達はロマン、夢、出逢い・・・

時に悲しく、時に笑える
あなたの心を癒せるような
そんなエピソードをお届けします

別名、配達王子

いらっしゃいませ

最近のエントリ
お薦めブログでございます

ランキング参戦

押せば命の泉湧く




あなたもヘビーダマラー
すべての記事はこちらから

全タイトルを表示

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ検索

お届け完了です


Illustration by nanamie

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。